ボイラ製造販売 株式会社日本サーモエナー

  • TOP
  • 会社紹介
  • 商品紹介
  • サービス一覧
  • 採用情報
  • お問い合わせ

TOP新着情報 > 新着情報詳細
新着情報

2017.06.01


油焚き高効率簡易貫流ボイラ「EQRH-1001KM/AM型」発売開始について

 

  このたび最低出力の低減や燃焼四位置制御方式の採用により、総合運転効率の大幅な向上を実現した
高効率簡易貫流ボイラ「エクオスリンクス EQRH-1001KM/AM」を6月1日より発売開始いたします。
 本製品は出力を100%、50%、25%、0%の四段階で制御をする換算蒸発量1,000kg/hクラスの簡易ボイラとしては
業界初の「燃焼四位置制御」を採用することで、燃焼の発停回数の低減を実現し、低負荷運転時のボイラ運転効率を向
上しました。





1.外観写真


外観


2.本製品の特長

(1)ボイラの運転効率の大幅な向上

① 最低出力の低減と燃焼四位置制御方式を採用することで、低負荷運転時のボイラ運転

  効率が最大で6%向上しました。


負荷率と運転効率の関係グラフ




② 燃焼室を大容量化し、輻射伝熱の面積を最大化するとともに、燃焼ガス通路の最適化により

  伝熱効率を向上したマルチパスフロー缶体の開発と、低空気比燃焼を実現することで、定格

  運転時のボイラ運転効率を向上しました。


マルチパスフロー缶体(断面図)



(2)送風機の消費電力低減と低騒音化を実現

  マルチパスフロー缶体内部の燃焼ガス通路を多岐化し通路長を短くすることで、燃焼ガスの通風抵抗を低減するとともに、低空気比燃焼を実現することで、ボイラへ供給する燃焼用空気を約1割削減しました。燃焼ガスの通風抵抗を低減し、燃焼用空気を削減した結果、送風機の消費電力の約40%低減と静音性の向上を実現しました。




(3)ボイラの水位を出力に合わせて制御することで、乾き度の高い良質な蒸気供給を実現

  燃焼四位置制御方式に対して、ボイラ本体の水位を出力に合わせてきめ細かく制御することで、低負荷から高負荷まで、幅広い負荷率で乾き度の高い良質な蒸気の供給を可能にしました。


 ※蒸気の気相分と液相分の重量割合のことで、乾き蒸気(100%)に近づく程、蒸気が保有する熱量が上がります。

乾き度=気相分の重量)÷(気相分と液相分の合算重量)


負荷率と蒸気乾き度の関係グラフ

 負荷率と蒸気乾き度の関係



商品紹介ページ(エクオスリンクス EQRシリーズ)

リーフレットダウンロード(印刷用)101108-icon01.gif


  以上



Copy right © 2011 NIPPON THERMOENER CO,LTD